腰痛  骨盤矯正  産後骨盤矯正  外傷  運動障害  テーピング  運動指導  交通事故  ダイエット  自重トレーニング専門院

友だち追加

定義

まずこの疾患の定義から述べていきましょう。椎間関節突起間部の骨性連続性が破綻した状態といえます。いきなり難しい耳慣れない言葉が出てきましたね。今から説明していきますが解剖学の知識がないとイメージしづらい部分なので【椎間関節突起間部】は飛ばしてもらっても大丈夫です。
それではゆっくり勉強していきましょう。

腰椎分離症

解剖

突起間部は横に置いておいて、椎間関節から説明していきます。椎間関節とは下関節突起と上関節突起の関節のことを言います。椎体(椎体は全部で約24個あるのですが、今回は腰椎分離症ですので腰椎を例にとります。腰の骨のこと)この腰椎は大きく2つに分けることができるとしたら、腹側(お腹側)と背側(背中側)になります。腹側には椎間板があります。

椎間板のことを詳しく知りたい方はこちらで説明していますので参照下さい。
腰椎椎間板ヘルニア│整骨院 sports college (hopeofthebest.org)

背側には棘突起(背中から触れることができるとんがった骨)があります。この腹側と背側を離れないように繋いでいる橋が椎弓と呼ばれています。上の画像は第4腰椎と第5腰椎ですが、第4腰椎の椎弓の下から出ている棘が下関節突起で第5腰椎の上から出ている棘が上関節突起です。この2つの突起の関節を関節突起と呼んでいます。

続いて突起間部の説明です。突起間部とは椎弓から伸びる上関節突起の首の部分を言います。人間の体を例に挙げると椎弓が体幹で上関節突起が頭、突起間部が首の部分になります。腰椎分離症はこの首の部分の骨折(分離)なので、椎間関節突起間部骨折と呼ばれています。よって、この疾患の定義は1番最初に述べたように、椎間関節突起間部の骨性連続性が断たれた状態ということになるのです。
皆さん、理解できましたか。少し難しかったですね。

どの部分の骨折(分離)か理解できたところで、ついに本題です。発生機序、病態について勉強していきましょう。

好発年齢と発生機序

分離症はスポーツをしている学生に多い疾患です。発生年齢はややバラつきはあるものの平均して14歳になります。男性に多いです。また競技レベルが高ければ高いほど罹患率があがります。以上のことから、大部分の腰椎分離の発生機序は、激しいスポーツ活動による椎間関節突起間部にストレスが持続的にかかることによって起こる疲労骨折です。

ただ、生まれつきこの部分が分離している人もいたりするので、一概に全てが疲労骨折と断定することはできません。中学生が腰椎分離と診断されて疲労骨折か、生まれつきのものか判断するための指標は、分離部の断端がシャープか、否かです。ここでいうシャープとは、骨折部の先端が尖っているかいないかです。新鮮骨折は分離部の先端が尖っていて、生まれつきのもの(時間が経過しているもの)では、丸みをおびているのが特徴です。

画像所見

画像所見です。レントゲン撮影では、正面像(真正面から見る形)、側面像(横から見る形)からでも骨折を確認できることはありますが、最も描出できるのが、斜位像(斜めから見た形)です。この斜位像で確認できる所見で有名なものが、【テリアの首輪】です。斜位像で見たとき、犬の首輪部分のところが突起間部で骨の連続性がなくなっていることが分かりますか?これが腰椎分離症です。ただ、確定診断にはCT像が推奨されます。MRIでも骨折部を描出できますし、新鮮な骨折であれば出血信号も確認できるでしょう。

病態

腰椎分離症にはこれだ!という痛みの原因や、痛みの部位の特定には未だ至っていません。確定したものないのです。ただ、立った状態で前屈時痛よりも後屈時痛が多いというのが一般的な知見です。私は片足立ちをしてもらって、同側に後屈回旋して痛みの再現があるか測っています。最も有用だと考えているのは、圧痛です。椎間関節に圧痛の有無を確認することが、私の中での指標となっています。しかし、それでも100%ではありません。骨折部で神経が圧迫され、脚に痛みや痺れ、筋力低下を伴うこともあります。

整骨院 sports college での治療

実は私も腰椎分離症になった1人です。この疾患のおかげで中学校と高校の最後の試合はベンチにいることになってしまいました。
この疾患のやっかいなところは骨折してから数年後もなんらかの原因で痛みが再発するところです。私は何故、腰椎分離症になったのか。を考えるところから治療が始まると思っています。椎間関節に持続的なストレスがかかる運動パターンを取り除かなければまた再発してしまいますし、今後のパフォーマンスにも影響します。股関節回りの筋肉のタイトネスが原因となっているのか。それとも腹筋の使い方が悪いのか。股関節と体幹の運動連鎖の破綻が原因なのか。発生原因はいくつも考えることができます。それを1つずつ潰していき、その患者様に合った治療プランとパフォーマンスアッププランを提供する事が私の仕事です。
スポーツ外傷・障害は整骨院 sports college にお任せ下さい!!

お問い合わせ

℡0994-38-2023

友だち追加

スポーツ外傷・障害の最新記事8件